肩の膨らみに気付いた日。

スポンサーリンク

2017年5月6日

長毛種メインクーンのセナ、去年からバリカンを購入して夏の間だけ自宅でカットしていました。

なかなか可愛い仕上がりになったし、ブラッシングも楽ということで、長時間のバリカンは怒ってしまうので、今年も夏場に向けて少しづつ毎日の様にバリカンでカットしていました。

だんだん毛が短くなっていくと、長毛の時は気高い雰囲気だったのが、可愛い雰囲気に変わって、私はお気に入り。

本人も気にしていない様子だし、出来上がったら6月の暖かい日に、シャンプーをしよう!!今年も可愛くしてやるぞー!と思っていました。

今年はライオンカットにしたいな〜と、肩より下を中心にバリカンしていたのですが、なんだかな〜しっくりこなかったので去年と同じく、お顔としっぽを残すことにしました。

首下から肩の辺りを、大好物のチーズを餌にしながらバリカンを入れていきました。

あれ?

おかしい。

左肩だけ、毛が多いの?

なんだろう、剃っても剃っても膨らんでる。

身体から血の気が引きました。

すぐに、これは、良くないものだとピンときて心臓がバクバクしました。

毛が長くて気が付かなかった、いつも身体はよくナデナデしているのに、全然わからなかった。

でも、毛が短くなったら明らかにボコっとなっている。

一気に不安が押し寄せてきました。

すぐに主人にも確認してもらいました。その日はもう夜だったので明日病院に連れて行くことに。

前にお世話になった病院が癌の治療で有名な病院だったので、電話をしました。

診察時間が過ぎていて、電話は繋がらず。。

去年バリカンした時の写真を見てみると、全然違う。いつからだろう。

もやもやした気持ちで、ネットで調べてみると怖い病気なのではないかと。悪い方悪い方へと考えてしまい不安でたまらない。

ずっと一緒にいる、セナがいなくなってしまうかもしれないと想像したら怖くて仕方がない気持ちでした。

その一方、なんかわからないけど関節炎とかで腫れているだけなんじゃぁないのかな、とか考えて自分を安心させていました。

何も考えないようにして、いつも通り夜ご飯を食べ、晩酌をして眠りました。

翌日、朝一番9時に病院に電話をして、10時半に病院へ連れて行きました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする