癌 闘病記【髄外性骨髄腫】一覧

スポンサーリンク

抜糸

同じ断脚手術をした方と、Instagramでメッセージのやりとりをさせていただいており、術後お洋服を着せた方が良いですよと教えていただいたので、家では、2着のお洋服をローテーションして着せています。

退院

待ちに待った退院の日。術後、順調なのと、病院では食欲が出ないのではと、この日に退院することになりました。夜、病院から帰ってきて一番最初にお水を沢山飲みました。

CT検査から手術日まで

はぁー行きたくない連れて行きたくない憂鬱な気持ちでした。近所だったので、主人と2人で自転車で向かいました。病院に到着して、説明を受けて、15時にお迎え予定とのこと、まずは麻酔から覚めたら電話しますと言われ、病院を出ました。

静脈点滴の日々

セナの為になってるのかな。時々、わからなくなりました。ふっくら、ムチムチだった体が、日に日に、背中が痩せてきて、切ない。毎日、自転車にセナを乗せて病院に行くのはとても辛くて、涙を流しながら走っていました。

悶々とした2日間

突然、癌宣告をされ、まだきちんと受け入れるこころの準備が出来ていないのか、ジッとしている事がとても不安でした。セナ、朝も食欲少ない。寝てばかりいる。普段も基本は寝ているけど、全てがいつもと違うような感じがしてしまいます。

病理検査、血液検査

部分麻酔をして、針を刺して細胞を取り検査に出すとのことでした。病理検査の結果は1週間程。血液検査の結果、腎臓の数値が少し良くないと。腫瘍をより詳しく検査をする為にはCT検査が必要だと言われました。CT検査の際には、全身麻酔が必要と説明されました。

病院へ

細胞の形から見て癌ではないかと言った説明だった気がします。やっぱり。。。イヤな予感が的中してしまった様な、本人はいつもどおり元気だから、実感が湧かない。明日は、細胞をとって病理検査へ出しましょう。とお話をして帰宅しました。

スポンサーリンク